申し訳ないので始めました

おもにインスタの写真を振り返ります

サラ・オレイン「ANIMA Tour 2017」at NAGOYA Blue Note

f:id:trini:20170610220342j:plain

サラのANIMA Tour 初日、名古屋BlueNote。今回のアーティストカクテルはANIMAにちなんだANIMAカクテル。魂の曲きかせていただきました!感動!

ついに!ついに!待ちに待ったサラ・オレイン ANIMA Tour 2017 初日、名古屋 Blue Noteにて開催されました。アルバム「ANIMA」に入ってる曲を中心に、ソウルフルな魂の曲、たっぷりと聴かせてくれました!

当日のセットリストなど加筆しました。(2017/07/22)

Cinema Music

Cinema Music

 
Anima

Anima

  • アーティスト: サラ・オレイン,Hitoshi Konno,Naomi Urushibara,Kyoko Ishigame,Natsue Kameda,Masahiko Todo
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2017/02/22
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

今回のスペシャルアーティストカクテルは、その名も「ANIMA」、ANIMAレッドのカクテルです。ライブ中のトークではサラは普段あまり爪を塗らないと言ってたんですが、今回はそれにちなんでサラの爪もANIMAレッドのマニキュアをしていました。

遠くからでも見えるその赤はとてもきれいで、サラの今日のドレスはブラック。黒と赤がまた妖艶な美しさを醸し出してました。

そういえば、例の履いてますでお馴染みの(?)、ヌーディーなドレスでの登場かと思ったんですが、ブラック・サラでした。ゲームタクトでお召しになったものかな?スリットが深く入っていてセクシー。

f:id:trini:20170610191919j:plain

ANIMAのアルバム以外の曲では……(ライブ行ってのお楽しみと言うことで)※下の方にセットリスト等追加加筆しました。

と、言うことで(ここはツアー終了後追記してます)ANIMAのアルバム以外の曲では、アルバム「f」に入っている曲、私の大大大好きな「Riverdance」、「All By Myself」「ラ・ラ・ランド」メドレー、アデルの「Hello」を披露してくれました!

アルバム発売イベントのミニライブと違い、オケとの演奏じゃないのでサラバンドの迫力も圧倒的!今回、棚橋俊幸さんも加わった構成でベースやコントラバス(というの?)を弾かれていました。

f:id:trini:20170610161804j:plain

サプライズ好きのサラ。Hallelujahをギター弾き語りで歌ってました!もう単純にすごいというか、いつ練習してるんだろう?って思います。まさかHallelujahを弾き語りでやるとは予想してなかったので、会場盛り上がりました!

f:id:trini:20170610192930j:plain

Animusもアルバムとは違うライブバージョンでの演奏。あまりに激しくサラがヴァイオリンを演奏するもんだから、引き終わった後、弓から煙が立ち上ってるのが見えてビックリしました。松脂とか塗られてるから、そうなっちゃったりするのかな?

変わった楽器(というか私は始めて知りました)トークボックスという楽器、ホースを口にくわえて音が変わる(といういいかたでいいのかな)デモンストレーションにピアノの佐藤紗代子さんが、カエルの歌をひいたり(ひかされたり!?)なんかして、しかも2回もw、結構難しいとのこと。

f:id:trini:20170610142606j:plain

f:id:trini:20170610212211j:plain

サラのライブはサイドからの席がいいなと思います(個人的にはもう絶対サイド命!)。

だって正面はテレビとかででもたくさん見れるじゃないですか、サラの横顔案外見れないと思うんです。ステージの照明に透かされて照らされてとっても美しいですよ~。

あとバンドステージも一望出来るので、色々な様子が分かって面白いです。

よく見てるとみんな目配せして合図送ってたり、荒谷さんは譜面落としちゃったり、ドラムの佐藤さんは器用にスティックをひっくり返して持ってドラムを叩いたり。

佐藤彰信さんはシンセサイザーとかそれ周りめちゃ忙しそうでした(^^;

 

「ANIMA Tour 2017」at NAGOYA Blue Note セットリスト
1st.

  1. ネッラ・ファンタジア
  2. Riverdance
  3. Little Doll
  4. 秋桜
  5. Hallelujah
  6. Animus(サラバンドアレンジ)
  7. All By Myself
  8. ラ・ラ・ランド(メドレー)
  9. 大いなる世界
  10. Glory
  11. Bring The Snow
  12. タイム・トゥ・セイ・グッバイ

2nd.

  1. ネッラ・ファンタジア
  2. Sky's Calling
  3. Little Doll
  4. 秋桜
  5. Fantasy On Ice
  6. Hallelujah
  7. Hello/アデル
  8. ラ・ラ・ランド(メドレー)
  9. Animus(サラバンドアレンジ)
  10. Glory
  11. 大いなる世界
  12. Bring The Snow
  13. タイム・トゥ・セイ・グッバイ

のはず、間違っていなければ(間違っていたらごめんなさい)。

サラ・オレイン(ヴォーカル・バイオリン)、佐藤紗代子(ピアノ)、荒谷みつる(ギター)、佐藤彰信(キーボード) 、佐藤大輔(ドラムス)、棚橋俊幸(ベース)

 

まず、初動でブログ更新してて思ったのが、すべてを全部書いてしまってはネタバレになっちゃうのではと思うので、演奏された曲の詳細はとりあえず、ツアー終わってから更新して載せようかなと最初セットリストを載せて思いましたので、また終わったらブログは更新します。

だって、公演楽しみにしてる人もいるから最初の1曲目なんだろう?アルバムANIMAツアーだからやっぱりネッラ・ファンタジアかな?とか「Animus」なんかアルバムでは弦楽器をたくさん使ってて、ライブでのバンド構成では、どう演奏するんだろう?そもそも「Animus」演奏してくれるの?とか(いや、サラ渾身の作曲ですよ!演奏するに決まってるでしょ!?)などなど、いろいろな想像するのって楽しいじゃないですか、それを書いてしまうのも野暮かなーって。

いろいろ「セットリスト ネタバレ」って思う人もいるみたいなので、そうなると衣装のこととかも、全部かけなくなっちゃうってなるから、そこら辺は難しいですよね。でもサラの各SNSに翌日ごろには写真たくさん載せてくれてますから、衣装のことはよしとしましょうか(そこまではやりすぎか?w)。

って、言うのを前置きに長くなってしまいましたが、ライブは最高でした!心に突き刺さるサラのソウルフルな魂の曲たちをたくさん聴くことができましたよ。

いつも思うんですが、あの華奢なスタイルで、よくもまぁあんなパワーというかエネルギーがあるなと、あふれんばかりの!

ジャンルとしてはクラシックって分けられてしまうけど、ガツンと熱くパワフルで美しい、決して大人しくそれに収まってるものではなく、サラのよく使う言葉で言えばクロスオーバー、そしてソウルフル!アルバム発売イベントのミニライブとは違ってバンドとの演奏だから音もちろん迫力と圧が違う!これは、やっぱりライブコンサート会場ならではの贅沢ですよね。

サラのステージ見て聴いたことある人は、感じた人いるかも知れませんが、ドラムの迫力が凄いんですよ!音がデカイというか当たり前な話なんですが、それに負けないくらいのサラのバイオリンとボーカルはパワーあるんですよね。それ故サラがパワフルって思う理由かも知れません。

2ステージ観ました!最初はステージ向かって左側、次は右側のちょっと高い席から見下ろせる私の好きな真横の席。

登場は2回とも観客席奥から。1曲目がネッラ・ファンタジアだとは予想してたんですが、イントロからバイオリンを構えて弾くまで、時間があるの?間に合うの?とソワソワしてましたが、会場後ろから登場でステージ上るまでの時間くらい、いくらでも伸ばせるんですね。イントロでそこはそっかと後から思いました。納得。よからぬ心配でした。

1st目は、サラがステージ降りて去って行くとき、真横ほんと真横を通って行ったので、それでもう失神してしまいそうでしたw。

う、美しい~。

も、もし通り過ぎざまに肩をポンと叩かれようなものなら、そのドレインタッチで一撃で余裕で死ねる自信はあります。

それはさておき。

ま、ファンは当たり前だけど、サラのパフォーマンスに大喜びじゃないですか。

けど、それはサラにとっても、ライブを自分がやりたいように、「表現者」としての表現、自分自身納得でき手応えのあるライブになったのかな?とサラ自身の心は分かりませんが、サラにとって、今日のANIMAライブ初日よくできた!って達成感得られてたら、ファンもなお嬉しいな!と思いました。

いつか、そういうお話も聞くことが出来たら嬉しいな。

でも、こういうアーティストって、やる気の源泉ってどこにある?どこから湧いてくるんだろうか?って思ったりもします。

さて、1曲目のイントロから涙が出そうに泣きそうだった1stステージが終わり、ほんと瞬きしようものなら涙がこぼれ落ちそうな感じのじわーっとくる、うーやっとANIMAライブで聴けるよー!ってな感じで感動でした。

2ndステージ、今度はステージ向かって右側の席、ここはちょっと高くなってるからステージを見下ろす感じですごく眺めがいい!サラの横顔も美しくて、照明に透かし照らされてサラがキラキラ光って本当に綺麗なのよね。

2ndはいくぶん1stと違って、ちょっと自分気持が落ち着いて観聴きできるので、こっちのほうがしっかりと聴けたような気がしました。

名古屋 Blue Noteの音響のそう言うことの詳しい話は分からないので、推測自分の感じた感じなのですが、ステージ向かって左側の方が音が回ってて、音いいかも!?って思いました。自分個人での印象ですよ。右と左と聞き比べたらそうかなって、音がいいのは左。眺めがいいのは右ですね。右は特に好きな位置。

サラのステージは正面は避けて、サイドを取れたらサイドを取るようにしてるんです。だから絶対サラのライブはステージ横!絶対!正面はテレビで見れるでしょ!(個人の感想ですよ)自分の持論ですが、美人は横顔も綺麗ということです。あんまり言うと競争率がうんと上がりそう!?2ndも再度、サイドですよ。

あと横から見る分、ステージも画角が狭く抑えられて全体が一目で目に入り見れるので、みんながそれぞれ何やってるかが分かって見てると楽しいです。

結構みんな目配せして合図してるんだーって。

そういうのも、はっきり分かって見えるから横楽しいですよ~。ぜひ横も体験して欲しいです。

ぜひオススメ。

あと一番おどろいたのが、バイオリンを激しく弾くもんだから、「Animus」曲の最後、弾き終わった時、弓からもわっと煙が立ち上ったのが凄かった。

それほど、エネルギッシュな演奏なんだなぁと実感します(弓は松脂塗ってあるから、そういうのが弦と激しく擦るとそうなっちゃうのかな?バイオリンのことわからないのであくまで想像)あとからググったら激しい演奏だと弓に塗ってる松脂が飛散するとのことで、それがまるで煙が立ち上るかのように見えるんですって。

ふーん、そうなんだ。こんな発見もライブならでは。以前も弓の毛が切れて引き抜くシーンとかありましたし(fの時のライブ)。強く弾いたときとかにそうなるんですって。

今日のドレスはブラック、ブラック・サラ。

スリットが深く入っててセクシー、ギターを弾き語るときに、何という構えの名前かは分かりませんが、俗に言う椅子に座ってギターを膝に載せて抱えるように弾くあの格好。それをしてたとき、スリットから御御足が大胆にも見えてるのも気にせずギターを一所懸命弾いておりました。

サラちゃん隠して隠してーって、そんな些細なことをも気にせず弾ききって歌いきってしまう、余裕な女神感!圧倒です。

なんと、ありがたやありがたやか。

お衣装はブラックでしたが、お爪は赤くマニアレッドで、本人曰く珍しく爪を塗ったんですよとのこと。

遠くからでも見える赤。ドレスの黒と爪の赤が相まってとても綺麗でした。

「Hallelujah」の時、サラはギターをつま弾くように弾いてたんですが、よくギターを始めたばかりの人の話で指が痛いとか、指が硬くなるとかタコができるとか、そう言った話あるじゃないですか?それがバイオリンの演奏に影響とかあるのかなと(ぜんぜんなさそうでしたが)、そういう指先をケアするギターの弾き方なんでしょうか?

2ndステージもあっという間に終わってしまいました。楽しい一時は本当に一瞬。

1stステージ約12曲、2ndは13曲とか歌っちゃってるんですよね!めっちゃたっぷりな感じにステージ終わった後の自分のもぬけの殻感!(いい意味での)ステージを観、聴くことが出来た目標達成で意気消沈。すでにエネルギー0(いい意味での)。

いや、大迫力の歌声とバイオリンやバンドの演奏聴いたから、そう言った意味では、サラからエネルギーもらってフルチャージですけどね!!!

サラの好きな各地の方言も炸裂してて、今回このステージは名古屋と言うことで「けったがけった」みたいなことを仰っておられたのですが、自転車をこぐって名古屋弁??私は名古屋弁が分からなかったので、よく分かりませんでしたがw。

とにかくサラの各地の方言をしゃべってみるコーナー大好きです。(そんなコーナーねーよw)で、方言でいう洒落とかかわいくて仕方がないです。

今回、名古屋での開催「名古屋からの人~?」のサラの会場リサーチにもかかわらず、名古屋からお越しになってた方は1/3弱な感じで「すべっちゃった!」とサラ。会場爆笑、湧かせてました。

名古屋 Blue Noteの今夜のオリジナルアーティストカクテルも「ANIMA」と粋な赤いアニマレッドのカクテル。それも美味しく頂きました。

名古屋 Blue Note2回目なんですが、前回クリスマスライブの時に席案内やお世話してくれたスタッフさんに、目が合ったら見覚えある感での覚えててくれてた感じで、いつもありがとうございます!って2回しか来たことないですぜ。

でも、それもちょっとしためちゃ嬉しいおもてなしでした。ファンの気持ちを凄く大切にしてくれる感じがします。スタッフ皆さまのホスピタリティが最高なんです。

すべてがパーフェクトに終わったサラ・オレインANIMA TOUR 2017、名古屋初日!いつかどこかの媒体のインタビューで、あのときのステージ行ってどう感じましたか?ってあったら嬉しいな。

どこかそんなインタビューをサラにしてみてよっ!(超期待)。

次は大阪ですー!既にこれ書いてる時点でオリジナルカクテル「Milan~美蘭」と言う名の限定カクテルもあるとのことで大阪も楽しみです。

大阪は飲もう飲もう!w以上、名古屋ブルーノートからおおくりしました。

 

サラ・オレイン ANIMA Tour 2017名古屋BlueNote(2017/06/14)
に書いたものを、さらにまた加筆してここにプラスしてUPしました。(2017/07/22)

ドラムの佐藤大輔さん、今回もまた居酒屋新幹線!?しかし、いつもサラバンドの時ドラムを叩くスティックを変えて叩いてるので毎回ドラムの音が違うんです。特に今回は魂・身体に響く感じのぶっとい音でした。

荒谷みつるさん、サラのラジオ番組、Peace of Mindではスタジオライブの時のHallelujahではサラと一緒にスタジオでギターを弾かれてました。以前でのライブでHallelujahは荒谷さんの渋い重厚なギターでしたが、今回はサラもギターを弾き語ると言うことでちょっと荒谷色は薄まってましたが、他たくさんのギターを持ち替えて、ステージを盛り上げてくれました。